売却

再建築不可の戸建てを売却した事例(戸建てシェアハウスとして活用)

再建築不可物件は、経験豊富な不動産会社に相談しましょう!

ご相談者様のお悩み

  1. 売却検討していたが、再建築ができない土地だと分かって困っている
  2. 再建築できない物件の売却方法がわからない

ご相談内容詳細

ご相談者様の所有されている戸建ては、建築基準法上の道路に接道しておらず、再建築ができない土地でした。ご相談者様はご自身で活用される予定もなく、かといって空き家のまま放置するわけにもいかないので、早期売却をご希望されて団体に相談を頂きました。

解決に至るまでの流れ

再建築不可の物件は、一般的な物件(再建築ができる物件)と比較すると購入検討頂けるお客様の数が少なくなります。理由としては、金融機関の融資を受けづらい事などがあげられます。その為、近隣の物件相場よりも売却価格が低くなる事が一般的です。

ご相談者様に対して、当団体から再建築不可の物件に詳しい不動産会社をご紹介させていただきました。再建築不可である理由や、購入検討可能なお客様の条件などをご説明し、売却活動をスタート致しました。最終的に戸建てシェアハウスとして活用したいという法人にご購入いただく事ができました。

ご相談者様の声

再建築不可物件と聞いたときは、売却ができないのではないかと心配しましたが、無事に売却できてよかったです。ご紹介頂いた不動産会社の方も丁寧に説明してくださり、安心してお願いできました。

担当者の一言

再建築不可物件を売却したいと思った時に、大きな壁となるのは金融機関の融資です。再建築不可物件でも融資をされる金融機関もありますが、金利が高いなどのそれなりのリスクがあります。そういった事情で購入検討いただけるお客様の数が少なく、販売活動が長期化する事も多いのですが、当物件は早期売却となり良かったです。

※本事例でご紹介しております修繕・解体・売却・媒介等は、必要とされる許認可を持つ事業者の協力を得て行っており、当団体が直接行っているものではありません。予めご了承ください。