売却

相続した不動産を売却するメリット

不動産を相続する際には、そのまま保有した方が良い場合と、売却して現金化した方が良い場合がございます。

売却した際のメリットとデメリットを知る事で、何が一番適した方法なのかを検討するようにしましょう。

不動産の売却する際の一般的なメリットとデメリット

不動産を売却するメリット

不動産を売却する際の一番のメリットは、現金化することによって相続税を納める資金に充てやすいという事と、相続人に対して資産の分配等がし易くなります。

その他に保有する際に必要な固定資産税等の維持費がかからなくなる点もメリットです。

不動産を売却するデメリット

分かりやすいのは、その不動産から収益を得ていた場合、その収益がなくなりますので、売却する際には収益を生む価値のある不動産なのかの見極めも必要です。

また、売却のタイミングによっては、相続税評価額が高くなってしまうなどのデメリットがある可能性もあります。

まとめ

メリットとデメリットを確認し、最良の判断をすることが大切です。

不動産の相続は、相続人同士だけで決めるのではなく、専門家に相談しましょう。

相続税や資産の分配方法など、細かく確認したうえで、状況に一番適した方法で、売却し、現金化又は、保有して活用するか等を決めましょう。

この記事をシェアする