売却

不動産査定の方法とは

不動産の売却をお考えの場合に最初にすべき事は不動産会社に査定の依頼をする事になります。
この記事では不動産の査定方法に関して解説をしていきます。
不動産査定の方法には『机上査定』と『訪問査定』があります。

机上査定とは

実際に物件を直接見ずに、過去の取引事例や周辺の類似する物件の売り出し価格等をもとに算出されます。

その為、事前に書類関係を揃える手間がなく気軽に査定出来るという利点があります。

しかし、あくまでも参考価格の提示になります。

本格的に売却を考えている方というよりも、売却に備え相場価格を知りたい方等が利用しやすい査定方法になります。

訪問査定とは

実際に現地で調査を行い価格を算出する方法になります。

不動産会社が直接現地に行き、その物件の「評価」を出し売却希望額等を加味した上で売り出し価格を決めていきます。

机上査定と違い、書類関係に事前準備や不動産会社立ち合い等がある為、本格的に売却を考えている方向けの査定方法になります。

次に不動産の評価方法を解説していきます。

不動産の査定をする時は『原価法』『取引事例比較法』『収益還元法』この3つの評価方法の特性を使い分け、案件ごとに最適な方法を選択または併用し査定を行います。

この記事をシェアする