不動産の活用・相続

相続

いずれ相続する親の実家、どうすればいい??

相続で引継ぎ、実家に住む場合の注意点

相続後、実家を引継ぎ、すぐに実家に住むという予定であれば、特段大きな問題は生じないと思います。逆に、現在定年退職前で働かれている方は、将来実家に戻ることを予定しているとお考えであれば注意すべき点があります。しばらく実家が空き家となる場合、空き家は保有している以上、固定資産税や除草費用といった経費がかかります。又、実家が遠方の場合、定期的な管理を自らすると、交通費等も結構な金額で発生する可能性があります。その為、途中で方針を売却に切替える方も多いのが原状です。ご判断にはお気をつけ下さい。

相続発生後、実家を売却する場合の注意点

実家を売却する上で注意する点は、売却方法です。
古屋の場合、解体費用を払って更地にして売却を考えられる場合もあります。
リフォームをして綺麗にして売却を考える方もいます。
個人的考えで売却活動されるよりも、事前に専門家に相談した上でどのように売却活動をするかを相談して決める事をお薦めします。
費用負担を先にしたが為に最終的に何もしないで売却しても変わらなかったという結果になる場合もあります。また、不動産会社に売却する事により、瑕疵担保責任免責というメリットもあります。
実家の売却に関しては、地域性等何も知らない分、十分注意して売却活動を行ってください。

いろいろな選択に対して地元で広く情報収集をしよう

実家をどのように今後しようとお考えであれば、小まめな情報収集を行いましょう。なぜなら、不動産というのは、地域性の問題やタイミング等によって売却価格に変動が生じる場合があり、また、地域性による利活用の方法も様々に対応ができます。相続が発生したからといって急がず、まずは情報取集につとめていきましょう。

不動産相続に関する相談を専門家にするメリット

不動産相続は、事前の段階で専門家に相談する事をお薦めします。何とかなると思われる方は多くいらっしゃいますが、精神的にも辛い時期で時間と労力がかかる分野になります。専門家に相談する事により、現状を理解し、今後の手続き方法や活用方法等の提案もあるかと思いますので、早めにしておきましょう。

この記事をシェアする