管理・活用

リフォーム費用の相場・資金について知りたい

リフォームをしたい人

年々、新築の家を買わず、中古の家を購入して、リフォームをする人たちが増えている背景があります。勿論、家を購入して数年後に何かがきっかけでリフォームを考える方もいれば、住み替えを考えている方も住み慣れた環境を離れたくないという理由でリフォームをされる方もおります。

家をリフォームしたいと考えた時、色々な楽しみを想像します。
費用をかける分、大きな決断という場面でもあります。
どんな方が家をリフォームしたいかを記載しますので、是非この機会に、自分に置き換えてお考えください。

  • 居住年数が長く、リフォームをして綺麗な内装にしたい方
  • お子様が増える予定で、部屋を一つ作りたい方
  • お子様が家を出られるタイミングでリビングを広々としたい方
  • 足腰が悪く、バリアフリーにしたい方
  • 定年退職後、家にいる事が多くなり、温泉が趣味で、お風呂を綺麗にしたい方
  • 少額費用捻出の為、奥様が大好きなキッチンだけでも変えてあげようと考える方
  • 増改築を考えられる方

等、色々なきっかけでリフォームをしたいとなるのです。

リフォームを依頼する上での注意

注意すべきことは、費用です。
家をリフォームするという事は、いわばオーダーメイドの為、同じ要望をリフォーム会社に伝えても出てくる見積もりが異なるケースがあります。
皆様にお伝えしたいのは、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼して比較検討する事が先決です。検討する時間を考慮すると会社を絞る必要はありますが、事前の下調べをしっかり行い、3社以上の見積もりをとるよう心掛けましょう。リフォーム見積り金額が安いからといって決めてしまうと、不本意な結果になる事もあるので、見積もりの比較は十分慎重に行い、勿論リフォーム会社に訪問してみるのも十分必要な事です。

リフォーム資金の調達方法

家をリフォームする為には、資金が必要となります。
100万円以下の小規模なリフォームから、1000万円以上の費用がかかるリフォームになるケースもございます。自己資金だけで補えない場合は、金融機関に一度相談をするのが良いと思われます。高額なリフォームになりますと無担保での借り入れが難しくなるケースもありますので、現在の自宅の評価額によっては家を担保に大きな借入をできる可能性もあります。近年は、インターネットからの申込もできる金融機関もありますので、有効活用していきましょう。

不動産活用に関する相談を専門家にするメリット

不動産を所有するタイミングは個々に違います。
相続により不動産を所有した場合ですが、承継した不動産をお持ちの方で、活用方法が分からないと放置されている方が多くいます。放置していても何かが起きた際に、所有者であるご本人に責任義務はつきものです。専門家に相談する事で、様々な家に関しての活用方法を導く事ができ、安心感を感じられ、ご自分の考えたプランを実現する事ができます。

この記事をシェアする